リング

一生モノだから

リング

ふたりの愛を

大阪には、数多くの結婚指輪を扱うジュエリーショップが建ち並んでいます。大阪の土地柄もあり、結婚指輪のデザインは派手なものが多く見受けられますが、シンプルながらに華やかなものもあります。このように、様々なデザインが展開されている中でも、リングにあしらわれている宝石はダイヤモンドが大半を占めています。結婚指輪にはダイヤモンドが定番とされている理由には、ダイヤモンドが持つ性質や意味が関係しています。宝石の中でも人気が高いダイヤモンドは、宝石の王様と呼ばれるほどの存在です。その由来は、硬度が非常に高く、容易く壊れることがありません。そのため、生涯身につけることになる結婚指輪には最適なものであり、ふたりの愛が壊れることのない永遠のものであるという象徴にもなります。またダイヤモンドは、温度変化や化学薬品の影響にも耐えることができるので、美しい輝きを永遠に保つことができます。少しはお手入れが必要ですが、定期的にクリーニングをし、購入当初と変わらない輝きを目にすれば、長い夫婦生活で何が起こっても初心を忘れずにいることができます。それから、ダイヤモンドは4月の誕生石として知られていますが、石言葉として、純潔、永遠の絆といった意味があります。こういったことが、ダイヤモンドが結婚指輪の定番の宝石となっている理由です。大阪で結婚指輪を選ぶ際は、ただなんとなく大阪をぶらついて選ぶよりも、ダイヤモンドの性質や意味を知った上で選ぶことで、より良いリングを選べます。